既卒の就職は難しい?

既卒の就職は難しいと言われています。ですが、その一方で就職浪人は増えてきているのが現状です。新卒に比べて募集している企業が少なかったり、求人情報を得るのが難しいといった不利な点もあります。しかしながら、じっくりと将来について考えることのできる時間があるということでもあります。焦らず自分に合った企業を探して根気よく就活を継続しましょう。既卒や第二新卒向けの就活支援サービスも存在します。希望の条件を登録しておくと、既卒や第二新卒の求人情報を得ることができます。また、履歴書や面接の仕方などのサポートも行ってくれたりします。学校を卒業してしまうと他に頼るところがないという人にも安心のサービスですから、積極的に活用してみましょう。同じような苦労を乗り越えて就職できた人たちの経験談なども知ることができます。

既卒の就職についてのこと

既卒というと、あまり聞き慣れないかもしれせんが大学や専門学校、高校などを卒業して学生は終わったあとに二年から三年程度正社員として就職しなかった人のことをいいます。昔では珍しかったかもしれませんが、今では多くの人が既卒となっています。理由としては、働きたい会社には就職できなかったという人もいれは、進学しようとしていたけれど無理ですフリーターになってしまったという人など、その理由は一人一人違います。既卒というと、就職する際に不利になると言われています。たしかに、新卒の人たちと同じ扱いかというとそうではないので、どちらかというとふりにはなってしまいますが、必ずしも無理というわけではありません。きちんとした理由があるならば、それを面接官に話してみたら納得してもらえて採用してもらえたということもよくあるのです。最初から諦めずに話してみることからはじめるべきではないかなとおもいます。

既卒の就職についてのこと

大学、専門学校、高校などを卒業して、もう学生ではないのに正社員にならずにパートやアルバイト、派遣社員になっている人のことを既卒と呼びます。こう呼ばれ出すと、正社員という扱いの就職につくのが新卒の人などに比べると困難になると言われています。それと同時に既卒と呼ばれている人たち自身も、正社員として働くことはきっと無理だろうと思ってしまいがちでアルバイトや派遣社員として働くというパターンが多いです。たしかに一般的にみると新卒の人よりは正社員になれる確率は下がるのは否定できません。しかし、面接時に熱意があることをしっかりと話すことによってその熱意が面接官に伝わり採用してもらえたということもよくあることなのです。最初から無理だと諦めるのではなく、チャレンジしてみることが大事なのではないかなとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*