既卒での就職について

大手企業など、新卒者を優先して採用する会社が多いように見受けられます。しかし、既卒で仕事がまだ決まっていない人もたくさんいます。私もその一人です。短大を卒業して、すぐには仕事は決まりませんでした。私の場合は、いろいろと面接を受けてみて、なかなか受からなかったのですが、友人の話です。新卒での採用を逃したあと、どこか面接をうける前に、資格を取る勉強をしていました。希望する職種で後々使うであろう資格を取得するための勉強の時間にあてていました。無事資格を取得し、そのあとに面接をして採用が決まったというパターンもあります。決して不利だとは思わず、なにか就職に役立つ資格や資料集めなどに時間を費やすことも大事だと思います。そのためにも、まずは自分が働きたい職種をきちんと選んでおくことがまずとても大事なことです。

就職口を探している既卒者が派遣されてきました。

私の会社の事務に就職口を探している既卒者が派遣されてきました。この派遣は紹介派遣と言って私の会社のニーズに合えばそのまま正社員として雇用していいことになっているのです。もちろん派遣された本人が嫌だと思えば正社員になる必要はありません。学生時代に就職先を見つけることができなかった人が苦肉の策としてこのやり方を利用しているようです。過去にも何人か同じタイプの派遣が来ましたが私の会社のニーズに合わず採用を見送っています。学生時代に就職を見つけることができなかったのはおそらく成績が悪かったからではないかなと思われるのです。その為、こちらもかなり厳しい目で相手を見ている為、なかなか雇うところまで行かないのが現状です。しかし制度的にはすごく斬新でいい方法だと思います。お互いがお互いを見極めることができる制度です。

既卒で就職を考えているのであれば

既卒で就職を考えているということであれば、こうした形でも就職することが出来る職場を探しておくことがとても大事です。最近では新卒と同様に扱ってくれる企業なども増えています。その時のタイミングで就職できない状況にあったという学生などもたくさんいるので既に卒業している学生でも採用するという企業が増加しています。一般的には大企業の場合などは新卒以外は採用されにくいという部分もありました。新卒以外でも採用してもらうことが出来るということは、とても大きなメリットでもあります。それだけ採用されるチャンスが広がっているということでもあります。さらにこうした企業では一定数の枠を作っていることがあるので新卒よりも有利になっていることなどもあります。多くの人に支持されるようになればこれからも増えていく可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*