就職難で増えている既卒者

既卒者とは、大学や専門学校等を卒業後に正社員として働いていない人の事を言います。大学在学中に就職活動し、卒業後すぐに働き始めるのが新卒ですがそれをしなかった場合は新卒のみの求人に応募する事が出来なくなります。就職難が問題になり、大学卒業後1年から3年は新卒と同じ扱いをするように企業に呼びかけています。実際に企業側も大学卒業後であっても採用するケースは増えています。しかし新卒に比べると募集枠は少なく、イメージとしても良くないのが現状です。だからといって落胆する必要はありません。履歴書に空白の時間があるのは不利ではありますが、その時間を有効活用している事をしっかりアピール出来れば問題ありません。語学留学していた。資格の勉強をしていた等、空白の時間を遊んでいた訳ではない事を伝えれば良いのです。大学卒業後であっても大学のサポートを受ける事は出来ますし、ハローワークなどでも求人を探す事が出来ますので前向きに就職活動頑張って下さいね。

既卒と第二新卒の就職

今は新卒以外に色々な言葉があり第二新卒というのは一度就職した人のことで、既卒というのはまだ就職をしたことがない人のことを指す言葉になります。この二つというのは言葉が似ているのですが就職面では大きな差があり、やはり経験が物を言う時代である現代では第二新卒のほうが有利であることにもなるのです。しかし経験のある第二新卒というのももちろん弱点ということがあり、第二新卒では一度退職をしているということがイメージを悪くしているようです。その点既卒の人というのは仕事が見つからないということになるので、採用されたとなれば熱心に長く働いてくれるという気持ちがほかの人よりも強いといえるのです。このように既卒であるから第二新卒には勝てないということを考えず、いかに第二新卒にないところをわかってもらえるかが大事なポイントなのです。

既卒者の就職について

就職氷河期と言われ、大学を卒業しても仕事に就けず、アルバイトなどで生計をたてている人が多くいます。その半面、転職者や中途採用枠というのは増加傾向にあり、社会人を経験した第二新卒者などの採用を積極的に行っている企業も多くあります。既卒で一度も就職できていない場合は積極的に活動しなくてはいけませんが、今ではサポートしてくれる場所が多くあり、大学内でも積極的に活動を斡旋している所もあるので、これらを有効に活用すると良いと思います。面接ではなぜこの会社を選んだのか、どうしてこの仕事がしたいのかを明確に伝えることが大切です。何となく働きたい程度の学生はたくさんいるので、ここだけは負けないという強い意思が必要になります。入社後に分かることもあるので、経験してきたことを生かして活動につながればいい経験になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*